講師紹介:生田敦子

ボストン生まれ。5歳よりピアノを始める。森葉子、江崎光代、北島公彦の各氏に師事。

PTNAピアノコンペティションE級、F級各全国決勝大会金賞、デュオ部門上級最優秀賞、シニア部門第1位他、優勝・入賞多数。

フェリス女学院中学高等校、早稲田大学卒業後、リーター財団奨学金を受け、スイス、チューリッヒ芸術大学留学。コンスタンティン・シェルバコフ氏に師事。合わせてチューリッヒ大学にてローランド・リュテケン博士、及びハンスヨアヒム・ヒンリヒセン博士の下で音楽学・楽曲分析を学ぶ。引き続きフォントーベル財団奨学金を得てジュネーヴ高等音楽院にて演奏家修士課程修了、スイス演奏家国家資格、ピアノ教育国家資格取得。合わせてギ―・ミシェル・カイア氏の下でピアノデュオ課程修了。

その他、各種講習会等にて、アレキサンダー・イェンナー、パウル・バドゥラ・スコダ、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、ロベルト・プラーノ他各氏の下でソロを、タール・グロートハウゼン、パスカル・ロジェの下でピアノデュオの研鑽を積む。

スイス留学中の2000年にABC新人オーディション合格、新人コンサート出演。審査委員長藤田由之氏の推薦により「未来からくる演奏家を聴く会」に出演。2005年IBLA国際コンクール(伊)ピアノデュオ部門第2位及びラフマニノフ特別賞受賞。2011年チマローザ国際ピアノコンクール(伊)第3位及びチマローザ賞受賞。2016年みなとみらいホールにて帰国記念リサイタル”ORIGIN”開催。

これまでに神奈川フィルハーモニー管弦楽団、イェーナ交響楽団(独)、ルーマニア国立ジョルジュエネスコ交響楽団と共演。合わせてソリストとしてジーナバックアウアー国際エキシビションコンサートシリーズ、ポルトガル国際音楽祭、エンガディン音楽祭他、オーストリア、スイス、ドイツ、フランス、イタリア各地の音楽祭やコンサートシリーズに出演。また、室内楽においてもN響、東フィル、ルツェルン祝祭管弦楽団、チューリッヒ室内管弦楽団、バーゼル交響楽団、キール市交響楽団等のソロ奏者らと数多く共演している。

妹惠子とピアノデュオ“Duo A&K”としても積極的に活動を展開し、2014年にファーストCD “Joie de Duo~連弾の喜び~”をリリース。みなとみらいホールで発売記念コンサートを開催、好評を博す。2016年より”In Vino Musica”コンサートシリーズを立ち上げ、草津国際音楽祭にアシスタントピアニストとして参加、ラジオ番組ミュージックバード、レインボータウンFM系列クリスタルTVに出演するなど、幅広い活動でクラシック音楽の普及とファン層の拡大に努めている。また、チューリッヒ市立音楽学校、山野楽器、アイネビッテ音楽教室の講師を歴任。主催のA&Kミュージックアカデミーでの後進指導にも尽力している。A&Kアーツマネジメント代表。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする